インプラント

インプラントとは

インプラントインプラントとは、歯を失ってしまった時、顎の骨の中にネジの様な人工の歯根(しこん)を入れ、その歯根上に歯を作る治療方法です。
従来の方法(入れ歯やブリッジ)と比べ、大変利点の多い方法です。入れ歯をインプラントに切り替える人が多く、「画期的に噛める様になった、食生活が全く変わった」 と言います。
そして、1本歯を失った人もブリッジでは周りの歯を削るのに対し、インプラントでは周りの歯を削らず、失った歯を入れる事もできます。


ガイデッドサージェリー

ストローマン社

より安心・安全なインプラント治療のために、当院ではストローマン社のガイデッドサージェリーを用いた手術を行っております。
ガイデッドサージェリーとは、コンピューターによる口腔内解析システムのことです。

コンピューターによる口腔内解析システムガイデッドサージェリーガイデッドサージェリー

従来のインプラント治療は、CT等で術前に診査・診断後、歯肉を切開し、骨の状態を見ながら手術を行っていたため歯科医師の経験や技術に頼っていました。
ガイデッドサージェリーシステムでは、術前にインプラントを埋入する位置や深さをコンピューターで的確に解析して患者様専用のマウスピースみたいなものを歯に被せて手術しますので安全性が向上します。

コンピューターで的確に解析専用のマウスピース専用のマウスピース

このマウスピースにはインプラントを入れる位置に穴が開いており、その穴を通して埋入する方法なので次のようなメリットがあります。


ガイデッドサージェリーのメリット

  • 歯茎をほとんど切らない。
  • 抜糸の必要がない
  • 大きく手術部位を開かないため、手術時間を短縮できる
  • 腫れや、痛みを抑える事ができる。
  • 血管や神経の位置、副鼻腔の位置を避けてインプラントを埋入できる。
  • インプラント埋入時の角度が的確になるので審美性が上がる。
  • 骨と結合する深さも事前に解析してあるので術後のぐらつきが少ない。


歯科用CT

歯科用CT

当院では、お口の中の状態を低線量で詳細に把握できる歯科用CTを導入しています。
顎の骨の厚みや形態などを立体的に確認することで、より詳細な骨の状態を確認することが出来ます。
インプラント埋入前にコンピューター上でシミュレーションし、正確で安心なインプラント治療が行えます。

従来の治療とインプラント治療の比較

歯が1本抜けた場合

インプラント■ブリッジ
周りの健康な歯を削って、その歯にブリッジをします。
■インプラント
健康な歯を削ることもなく、歯の無い部分にインプラントを入れます。

歯が数本抜けた場合

インプラント■部分入れ歯
入れ歯を固定するための針金が機能的にも見た目にも不快です。
■インプラント
針金付き入れ歯ではなく、歯の無い部分に適切な数のインプラントを入れ 固定式の人工歯を取り付けます。

歯が全部抜けた場合

インプラント■総入れ歯
入れ歯がズレたり、食べ物が内側に入って痛かったりします。
■インプラント
数本のインプラントを入れて、入れ歯の固定源となる維持装置を取り付けます。

インプラント治療の利点

  • 取り外し式の入れ歯に代わって、固定式の入れ歯を入れることができます。
  • 取り外し式の入れ歯の場合でも、インプラント上にしっかりと固定されますので、通常の入れ歯のようなズレや食べ物のかけらが入った時の痛みがなくなります。
  • インプラントによる入れ歯なら、天然の歯とほとんど同じ感覚で噛めます。
  • 自然な外観や表情を取り戻すことができ、人前で話すこともまったく平気です。
  • 噛む機能が回復することで食べ物の制限がなくなり、バランスの良い食事が楽しめます。
    楽しい食事は体を健康に保つだけでなく、心までも健康にします。

インプラントの施術費用

ガイデッドサージェリー

コンピューターによる口腔内解析システムの費用は108,000円 (CT撮影、模型作成費用含む)です。

インプラント埋入施術

埋入1本につき自費治療で費用は埋入1本につき

奥歯部分に人工歯根を埋入した場合。自費治療で費用は 324,000円~
前歯部分に人工歯根を埋入した場合。自費治療で費用は 378,000円~

【インプラントの上部構造物】
施術費用には人工歯根に加え、その上部構造であるチタン製の人工土台が含まれています。
つまり、インプラント埋入手術からクラウンのかぶせ物をかぶせるまで、全て含まれた費用です。

上部構造のオプション
ハイブリッドクラウンなら 32,400円の加算です。

より審美性を考えるならセラミックがお勧めです。
メタルセラミッククラウンをかぶせる時は 54,000円加算でできます。
オールセラミックスクラウンをかぶせる時は75,600円加算でできます。
ジルコニアセラミックスクラウンをかぶせる時は97,200円加算でできます。

特殊なものでインプラントの土台からジルコニアを用いる場合は54,000円加算となります。

インプラント補助手術

インプラントを埋入するためにはあごの骨の十分な幅と垂直的な厚みが必要です。その条件が十分でない方もいらっしゃいますので、そういう方には骨の幅や厚みを回復させる補助的な手術が必要になります。

骨の移植

骨の幅が大幅に足りない場合、あごの他の場所から骨を切り取り、ねじ等で固定を行う移植手術で、GBRも併用します。自費治療で費用は162,000円です。

GBR

骨の幅が足りない時に行う補助手術で骨の移植とコラーゲンの膜を用いて回復させます。自費治療で費用は54,000円~です。

ソケットリフト

上あごの中には上顎洞という大きな空洞が左右頬の内側にあり、インプラントを埋入するのに十分な骨の垂直的な厚みがない場合が多くあります。この時に3mmまでの骨の厚みを獲得するための補助的手術です。自費治療で費用は54,000円~です。

サイナスリフト

上あごにおいてオステオトームでは無理な4mm以上の垂直的な厚みを獲得するための補助手術で大きめな骨の採取と移植が必要になります。インプラント埋入6ヶ月前に行う補助手術です。自費治療で費用は162,000円~です。

静脈内鎮静法

意識を失わない程度の全身鎮静法で手術中の不快感がありません。提携先の大学病院の麻酔医による出張管理を行います。自費治療で費用は75,600円です。

笑気吸入鎮静法

鼻から吸入する麻酔ガスによって気分がリラックスできます。費用は3,240円です。

再生治療法

エムドゲインを用いた骨再生療法は材料代として54,000円です。



歯の抜歯

インプラント治療前提での抜歯は保険が適用されません。
ソケットプリザベーション(抜歯窩保存療法)を併用し費用は21,600円です。



アクセスマップ

▲ PAGE TOP